サイト紹介

京都国立近代美術館学生の頃、思春期真っ只中だった私は「趣味はなんですかって聞かれた時に美術館巡りです!って言いたい!」と言うなんとも不純な動機で美術館に通っていたことがありました。
田舎の学生だったので、県内にある少ない美術館である企画展を見に行く程度のもので、特に美術の良さも分からないのに「趣味は美術館巡りです」と意気揚々と応えていた恥ずかしい思い出です。
でも、美術館に通い始めたことで気付いたのは、とても当たり前のことですが、ハマる美術展もあれば、全くハマらない美術展もある、ということ。
そして、美術展の内容があまりハマらなくても、美術館のカフェでお茶をしたり、ミュージアムショップを見たりしてているだけで十分楽しいということです。
何度もハマる美術展とハマらない美術展を繰り返しているうちに、どんどん「きっとこれは自分が好きそうだ!」とわかるようになってきました。
そうなると本当に美術館巡りが好きになってきて、どんどん美術の良さに気付くことができたんです。
また、美術館は建物そのものが凝った造りになっていたり、変わったモニュメントが置かれていたりするので、見ているだけで楽しいですし、
静かな美術館内のカフェで過ごす時間は、学生の私にとってお洒落な非日常空間で、ミュージアムショップにならぶ雑貨は、普通の雑貨店では手に入らない個性的なものばかりでわくわくしました。
美術館は、美術を好きな人も、そうでない人も、それぞれ自由に楽しめる空間なんです。
このサイトでは関西にあるおすすめの美術館を紹介していきます。

大人の好奇心を満たすサイト|オトナの堺NAVI

様々な芸術を楽しめる

現代アート「美術」と言えばずっと「絵画」だと思っていました。
私は昔から絵を描くことが好きだったので、学生時代には美術部に所属していましたが、
美術の教科書などに載っているほど有名な作品を見ても、「上手だなあ」と思いはしても、その良さには中々気付くことができませんでした。
ルーヴル美術館にあるような作品が「美術」だと思っていたので、私はもしかしたら美術に疎い人間なのでは?と不安になることもありました。
ですが、ある作品展に訪れた時、私の中での「美術」はもっともっと広義なものになります。
真っ黒に塗られた一枚の絵には「手を伸ばして触れてみてください」と書いてあって、
作品に触れていいなんて珍しいな、と思いながら手を伸ばすと、そこにあるはずの絵はなく、私の手は額縁に吸い込まれてしまいました。
真っ黒に塗られていたのではなく、額縁は窓のようにくり貫かれていて、その向こうには暗い空間が広がっていたんです。
これは現代アートでよく使用される空間表現の1つですが、私はその時の衝撃を今でも忘れることができません。
美術館、と一重に言っても美術館の趣向や、特別展示によって全く違う分野の芸術を楽しむことができます。
西洋美術、古典美術、現代アート、陶芸にいたるまで、美術館では色々な感性に触れることができるんです。

横尾忠則現代美術館

横尾忠則現代美術館

様々な観光名所が集まる兵庫県神戸市。その神戸市の中でも灘区にある「横尾忠則現代美術館」はご存知でしょうか? 阪…

MIHO MUSEUM

MIHO

滋賀県の甲賀市の中にまさに桃源郷の様な美しい美術館があります、それがMIHO MUSEUMです。 MIHOって…

奈良県立美術館

奈良県立美術館

奈良県立美術館は近鉄奈良駅から歩いて5分ほどに位置する美術館で、今年で43周年を迎えました。 大河ドラマで今話…

滋賀県立近代美術館

滋賀県立美術館

滋賀県立近代美術館は滋賀県大津市のびわこ文化公園の中にあります。 美術館へ続く道の途中に「彫刻の道」と呼ばれる…

細見美術館

細見美術館

京都地下鉄東西線の東山駅から歩いて7分ほどのところにある細見美術館は、 大阪の実業家である細見家が三代に渡って…

白沙村荘橋本関雪記念館

白沙村荘

京都市左京区にある白沙村荘橋本関雪記念館は、元々は日本画家である橋本関雪がアトリエとして建てた邸宅でした。 白…

三木美術館

三木美術館

兵庫県にある世界文化遺産、姫路城のちょうど向かい側に、三木美術館はあります。 三木美術館では、創業者である三木…

神戸ファッション美術館

神戸ファッション美術館

神戸ファッション美術館は六甲ライナーのアイランドセンター駅を降りてすぐのところにあります。 地下から行くことも…