奈良県立美術館

奈良県立美術館は近鉄奈良駅から歩いて5分ほどに位置する美術館で、今年で43周年を迎えました。
大河ドラマで今話題を集めている「真田信繁」。
大阪に縁のある武将として有名ですが、実は奈良県にあるこの奈良県立美術館も、真田信繁関連の企画展を行ったため、真田ブームによって来館者数が飛躍的に伸びたそうです。
近くに奈良公園もあり、奈良の観光スポットとして再び注目を集めている美術館です。
奈良県立美術館の常設展示では奈良に縁のある作家の作品を展示しています。
鎌倉時代からの貴重な作品など4,100点以上の作品が収められています。
奈良と言えばかつては都が置かれていた歴史ある街。
そんな奈良には日本の魅力が沢山詰まっていて、日々沢山の外国人観光客が訪れています。
奈良県立美術館はそんな外国人観光客に対して、「おもてなし」として入場料や特別展の料金を全て無料にしているんだそうです!
一般の入館料は大人400円、大学生までが250円、小学生までが150円と、それでもかなりリーズナブル。
通常は16時30分まで入館可能ですが、特別展では金曜日と土曜日に限って19時まで入館可能にしているそうですよ。
これなら仕事が忙しい人でも期間中に見に行くことができるのでありがたいですね。